商品開発のために化粧品輸入業者を利用しよう!

資格と様々な手続きが必要

化粧品

簡単に輸入する方法

化粧品輸入するには、まず国内で販売できるものかどうか確認する必要があります。他の国で人気がある化粧品でも日本では認可されていない成分が含まれている可能性があるからです。成分分析を行い販売できることを確かめてから、行政に対して輸入申告や製造販売許可などの届け出をします。化粧品輸入する事業者は化粧品製造販売業許可と化粧品製造業許可という資格も取っておく必要があります。行政からの許可が下りたら発売元と交渉して必要な数の化粧品を輸入します。空港や港に届いたら、輸入申告手続きを行い倉庫などに保管しておきます。品質を保つためには温度管理などが行き届いた倉庫に保管しておいた方が良いでしょう。その後国内で販売するために商品チェックと日本語のラベル添付を行います。このように化粧品輸入はかなり手続きが面倒です。大手の商社などでは自社で輸入を行っていますが、規模が小さいところでは成分分析や輸入するための資格取得が難しいところも少なくありません。しかし化粧品輸入代行業者を利用すれば、手続きや保管、ラベル添付など全て代わりにやってくれます。保管する倉庫も清潔な環境を整えており、安心して依頼できます。また行政への手続きも代行業者が製造販売元として行う為、資格をとる必要もありません。煩雑な手続きをする必要がないので、代行業者を利用して輸入を行うところが増えています。輸入代行業者を選ぶ際には、まず複数の業者にまず相談してみて選ぶと良いでしょう。相談は電話やメールで出来ます。