商品開発のために化粧品輸入業者を利用しよう!

代行業者の仕事内容

メイク道具

どこまでしてくれるのか

海外の化粧品は人気が高く、日本で販売する為には輸入する必要があります。しかし日本は薬事法により規制されており、海外化粧品を輸入するには様々な手続きが必要です。その手続き等を企業の替りに行うのが化粧品輸入代行業者です。化粧品を輸入する場合、化粧品製造販売許可が必要になります。常勤の管理者や保管場所の確保等、この許可を取得するには条件があります。自社で用意すると経費や時間が掛かります。そこで許可を取らなくても輸入できる方法である、化粧品輸入代行業者に依頼しています。まず業者に相談し、どこの海外企業から輸入するか決めます。その際も化粧品輸入代行業者ならではの海外情報や製品について情報を得られます。その後求める化粧品が、薬事法上輸入可能か成分表の確認や成分分析を行います。その後行政機関に申請し、船舶や航空で輸入通関します。日本国内で販売する際には、日本語で表示ラベルを作成する必要があります。そのラベル作成も化粧品輸入代行業者が行い、ラベルのデザインも要望に沿う様に行ってくれます。その後検品加工し納品となります。これら一連の事を化粧品輸入代行業者が全て行います。利用する事で企業は販売のみに集中して準備する事ができ、効率的と言えます。販売以外で商品開発のサンプルとして海外化粧品を輸入する場合でも、薬事法の規制があります。同じような手続きが必要です。海外から薬品・化粧品を輸入する場合、これらの手続きが必要です。経費や人件費削減の為、ほとんどの企業が活用しています。