商品開発のために化粧品輸入業者を利用しよう!

法的には医薬品に分類

メイクアップ

化粧品に分類される商品

化粧品は世界どこでも使用されているものですが、中には日本国内ではなかなか手にはいらないような海外化粧品も存在しています。特にオーガニックコスメとも呼ばれる海外化粧品は自然素材にこだわった化粧品として、体のことを考えて使用したいという人も増えています。日本国内ではまだまだオーガニックコスメは一般的ではないため、その多くは海外化粧品となっていますそういった海外化粧品を手に入れる手段としては、現状は個人輸入に頼っているというケースも少なくありません。そんな海外化粧品の輸入販売をビジネスとして考えているという場合もあるでしょう。そこで注意したいのが化粧品輸入には規制がかかっているということです。化粧品には一見危険性が無いように思われますが、化粧品は体に使用するものであるために医薬品医療機器等法の規制が適用されるようになっています。個人使用が目的で1品目24個以内であれば規制の対象外となっていますが、それ以上の化粧品輸入や販売を目的としている場合には規制の対象になっているのです。そのため、海外から化粧品輸入を行う場合には事前に届け出が必要となっているのです。また、一般的には日本では化粧品に分類されていない商品であっても法的には化粧品に分類されている商品もあります。シャンプーやリンスといった日用品や、香水や日焼け止めなども化粧品に分類されるので化粧品輸入する場合には事前に確認することが大切です。