商品開発のために化粧品輸入業者を利用しよう!

輸入業務を任せられる業者

化粧する女性

企業強い味方

日本は美容大国と言えるほど消費者の関心は高いです。インターネットの普及から肌やアンチエイジングに良いとされる製品を調べ、化粧品輸入業者を介して個人輸入される方も増えています。化粧品輸入業者は消費者以外にも化粧品を扱う企業のほとんどが活用しています。なぜ企業も自社ではなく依頼するのでしょうか。化粧品には様々な成分が含まれています。中には日本の法律では含有量が規制されているものもあります。そもそも量に関わらず薬事法により、輸入するには許可や申請が必要です。その許可を取得するのが企業にとっては大変なのです。化粧品製造業許可や製造販売業許可が必要なのですが、取得には保管場所の確保や常勤の担当者等多くの条件をクリアしなければなりません。人件費や経費、労力は大きいです。しかし企業がそれら許可を受ける必要がなく、海外化粧品を輸入する方法があります。それが化粧品輸入代行業者を利用する事です。依頼すると自社が許可を持ってなくても業者が持っているので輸入可能です。輸入なので現地での交渉や輸送手段、各種日本への申請も全て行ってくれます。海外製品を輸入して販売する際、法定のラベル表示が必要です。それらも化粧品輸入代行業者が行ってくれます。輸入から陳列まで任せられるので、企業の負担はほとんどありません。化粧品開発を行っている企業にとっても有益です。海外化粧品のサンプルで研究するにしても含まれる成分を調べる事は大変です。この成分も輸入の際に成分表にしてもらえます。化粧品輸入代行業者は、輸入にかかる全ての事を任せられる企業のパートナーと言えます。